仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー

<   2007年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

吹奏楽、ビックバンドで

市民吹奏楽団の練習に行ってきました。
バンド・トレーニング・ブックを使ってのトレーニングをじっくりやってから課題曲等の合奏。

昨年からビックバンドと吹奏楽の2つの「合奏バンド」をやってるわけだけど、サックスの楽譜の密度や役割があまりにも違いすぎる。
特にテナー・サックスとバリトンサックスはこれが同じ楽器の譜面か?って言うほど違う。

まあそれぞれに役割があるわけでどちらがどうこうっていう問題ではないのかもしれないが、昔ビックバンドをやっていた時も思ったことだけど・・・・。


吹奏楽での役割の多くは・・・・。
ホルンのサポート、ユーフォニウムのサポート、木管群のサポート・・・。
サポートが多すぎる・・・・。それはそれで、輪郭をつけたり深みをつけたりする役割なんだけど、中には明らかに適当に他の楽器に被せてあるだけのアレンジもある。
要するに・・・別にサックスじゃなくてもいいじゃん・・・みたいな。
勿論ここはサックスじゃないと!っていう所も勿論あるけど・・・。
当然求められる音色やイントネーションも、吹奏楽とビックバンドでは違うのだが最近特に吹奏楽のアレンジャーってサックスっていう楽器の本当の美味しいところや使いどころをわかっていない人が多いのでは?思ってしまう。
で、学生さんのバンドなんかでは、ちょっとがんばると「サックスうるさい」って言われたりするので変な風に音を抜いたりフワフワっとした音で楽器を吹く人が多い。
これが逆に芯のない安定感のない音や倍音を生むので余計に耳障りになってしまう。
私は個人的にこの類のサックスのサウンドは大嫌いだ。そんな中途半端なサウンドを強要されるなら吹かないほうがマシだと思う。(pでも息はちゃんと入れないときれいなpは出ないと思うけど)
しかも、この中途半端な音がまたサックスの音が前に出るのを嫌われる原因になってる。


対してビックバンドでのサックスの仕事は非常にわかりやすく、サックスじゃないと、アルトじゃないと、テナーじゃないと、バリトンじゃないと、っていう必然性がある。
しっかりサウンドさせることが大前提だ。ppのサブトーンもたくさんの息を使わないと出ない。
中途半端な音はご法度だ。音に個性も必要だ。


この辺のギャップを楽しめるか、ストレスと感じるかで音楽の接し方が随分ちがってくる。
誤解を恐れずに発言すれば・・・・

ストレスになることが多い!

と思う。
サックスはサポート楽器ではないし、弦楽器でもない。
それぞれのアレンジや曲にはそれなりの役割を理解したつもりで演奏していますが、楽しめる曲は多いか?と聞かれればつまらん曲も多いと答えたくなる。
これは簡単か難しいかの違いではなくてサックスの譜面として楽しめるか否かっていう事。

サックスの良い意味での下世話な部分や上品なサウンドを上手く生かしたアレンジやオリジナル曲がもっと増えることを期待します。
[PR]
by muslab | 2007-02-28 23:21 | 音楽

ちょっとレアな・・・

f0107072_2325245.jpg
昨夜消防音楽隊の指導終了後
金沢のジャズの聖地「もっきりや」に行った。
ゼイン・マッセイっていうニューヨークから来たテナーマンを聞きに。

やっぱ音やね。
彼は見た感じダブル・リップで吹いている。
ブランフォードと同じ。そういえば吹いてる顔もなんとなく
ブランフォードに似てる。
とにかくプロとアマチュアの違いはテクニックはもちろんだけど決定的な違いは”音”!
太くて柔らかい!でも芯がしっかりしている。
テーマのフェイクの仕方がカッコイイな。いかにもだ。

自分にも出したい音、好みの音がある。
更に磨きをかけなきゃな。
生を聞くのは得るものが大きい。 勉強になったよ。

ところで、今日はまたちょっとレアな楽器を。
f0107072_23105267.jpg

見えるかな?J.Lancelotって書いてあるのわかる?
楽器はビュッフェ・クランポンのクラリネットのベストセラーR-13なんだけど、メーカー刻印の下に「J・ランスロ」って書いてある。
ランスロの愛用した楽器は「コンチネンタル」ってモデルで1994~99年に限定復刻したモデルがあるんだけど、それにはContinentalって刻印があるのでそれではないようですが、ランスロが選定した楽器にランスロのサインの刻印を付けて販売していたような記憶があります。
定かではありませんが・・・。これも調べておきます。
まあそれだけの話なんですが・・・・・。ちょっと珍しかったので。
楽器の痛み具合はかなりのものでした(苦笑)。
[PR]
by muslab | 2007-02-27 23:01 | いろいろ

図書館

図書館に行ってきた。
しかもお隣能美市根上の図書館。
きれいだし本の種類も豊富。ビデオやDVDを見るための個室もいくつかあって。

妻が図書館の隣にある総合文化会館Tanto(タント)で講演会を聞きに行ってる間。だって子供はもたないでしょう(笑)。

ビデオブースでビデオを見る「ま」と「つ」。2人はヘッドホンで音声を聞いているのでその間私は本を読む。ホビー用の工作機械や道具の使い方などが載っている本を読んだ。
結構有効な使い方ってまだまだあるもんなんだなーと感心しながら読んだりして・・。
f0107072_1173874.jpg

こんなにいい施設って知らなかった!またちょくちょく来たいな。プラネタリュウムもあるんだよ。
妻と子供たちは時々来ているらしいけど・・。
ココのこと思うと小松市の図書館ってもっと規模が小さいような気が。
f0107072_1262243.jpg


2時間ほど図書館にいた後、妻と合流して今度は「つ」の散髪。
かなり伸びてたのを先日家でカットしたら、ヘルメットみたいな、またはワッキーみたいな頭になってしまったんだよ(苦笑)。
きれいにカットしてもらって男前復活です(笑)。

夜はピラミッドの練習。
実は来月ちょっとしたレコーディングをします。輸入楽譜の販売会社の音源CDです。
昨年末に8曲送られてきました。今年に入ってから練習を始めて今日は仮の音入れをしました。わざわざ埼玉から機材を持って来沢されたんですよ。
その会社の社長さんが。
本録りは来月です。それまでにもうちょっとちゃんと仕上げないとね。
当初ソロの部分はプロの人が入れるって聞いていたんだけど、結局ソロも全部こちらのメンバーで入れる事になったようです。しかも「せーの!」で録る一録りです!
しかも、しかも8曲中5曲に私、ソロあります(汗)。よけいちゃんと演らないとダメです。
今日も一応入れましたが、「う~ん・・・」です。曲も難しいし、コード進行のややこしいのやキイがきついって曲もある。まあいい勉強なのでしっかり取り組んで良い録音をしたいと思います。
練習練習!
[PR]
by muslab | 2007-02-25 23:46 | いろいろ

Mai Flute Tokyo

今こんなフルートをオーバーホール中です。
Mai(舞)フルート
f0107072_23401212.jpg

たしかこのメーカーについての説明を書いた資料を持っていたはずなんだけど、たくさんある中から探さなきゃいけないのでいずれ必ず!
うる覚えでは憶えているがネット上でいい加減なことは書けないので、確信をもってからね。
意外と日本のフルートメーカーの歴史を書いた本にも載ってなかったんだよね。

話を戻して、この笛、真っ黒で、キイも錆と腐食でボロボロで指を置いてもザラザラで押さえるどころではないので、きれいにして全体も洗浄して磨く。
ノックピンも外してきれいにして交換するところは交換。動きもスムーズにする。
こんなにキレイになったよ。メッキが落ちたところは、予算の関係でそのままですが、随分よくなりました。半田付けや、足部管にトーンホールのゆがみを含む大きな管の曲がり凹みがあるので其処も修正。
f0107072_0163274.jpg

f0107072_017215.jpg

結構いいグレードの楽器でしょう。
仕上がりをお楽しみに。
[PR]
by muslab | 2007-02-24 23:18 | 仕事
ニュース23を見ていたら、秋吉敏子が!
御歳77歳。
だんなはルー・タバキン、娘はマンデー・ミチル
日本人で初めてアメリカでジャズ・マスターを受賞した。
単身アメリカに渡り日本人にはできっこないって言われながらジャズの国アメリカで成功する。

ビックバンドのリーダーとしても才能を発揮する。
すごいなー。今でも毎日の練習は欠かさない。

このバイタリティーと努力は見習わないとなー。
どんな業界もそうだけど、極めるって相当の努力をしないと出来ないと思う。
才能はそれに伴って出来る(現れる)もんなんだろうな。

私もまだまだだな。仕事においてももっともっと勉強と努力をしないと。
そんなことを思いながら見ていた。
f0107072_0584183.jpg

[PR]
by muslab | 2007-02-24 00:59 | いろいろ

確定申告提出!

確定申告無事終わりました。
こんなに早く出したの初めて!いやー楽やったなー。
どうしてって?だって会計事務所の人にお任せしちゃったから!

今回から青色申告に変えました。いろいろありまして・・・。
でも、去年から本当に公私共に忙しさが倍増してしまったので事務的な会計処理がほったらかしで、何もしてなかったんですよ。
でも、白色とちがって青色はいろんなことをちゃんと処理しないといけないので今となっては手のつけようが・・・。
しかし去年切り替えを申請した時に会計士による指導が無料で受けられる税務署のシステムを教えてもらって申請してあったんで税務署から自分担当の会計士を紹介してもらっていました。
じかし、無料っていってもあくまでも自分で処理をする際の指導ややり方をその都度説明や指導、アドバイスしてくれるのが無料であって、何もしていない私にとって自分で一から青に切り替える事務作業を一人もしくは妻に手伝ってもらってやるのは、今からでは遅すぎると判断して、会計士に相談したところ、意外とリーズナブルに全てをしてくれるということなので、
「お願いしますっ!」
って丸投げしてしまったのが2週間前。
幸い領収書や必要書類、売り上げ伝票や台帳の類や支払い等の書類、通帳等はいつも整理してあったのでそのままお渡しして、あとは向こうのわからないところを答えるって言う形で貸借対照表や比較損益計算書などの青色で必要な書類を作成してもらった。
これが一番ちんぷんかんぷんなところだったので・・・。

そして今日無事出来上がって提出という運びになりました。多少節税できたか・・?
あんまり変わらんかも・・・。
で、来期のために更にいろいろ指導を受けました。
今年4月から、経営上のある変化があります。それに向けてGOです。
f0107072_1135077.jpg

[PR]
by muslab | 2007-02-22 23:31 | 仕事

爆睡!

今日は連日の慌ただしいのにさすがに疲れがたまっていたのか、午前の消防音楽隊の練習のあと工房に戻ってしばらく修理をして昼食を食べた後ちょっと横になったらそのまま夕方まで寝てしまいました!
その間電話もかかっていたようですが、まったく気づきませんでした。
何も覚えていません・・・。
でもちょっと楽になったような気がします。



気のせいかな・・・・・。


また仕事たまってしまったやん・・・・。どないしよ・・・・。
[PR]
by muslab | 2007-02-21 23:58 | 仕事

ライブ告知

今日はお知らせです!
3月4日 小松のTHE MAT'Sでライブをします。
って言っても前座ですが。
f0107072_1144130.jpg


SON REINASっていう女性ばかりのサルサバンドが東京からやってきます。アメリカやフランスをはじめいろんなところでライブツアーをして好評を博しているバンドです。
この中のパーカッションに小松出身の子がいるんですよ。
Misatoっていいますが。劇団四季のライオンキングでコンガを叩いてたり、ディズニー・ランドやシーでも演奏しているんだよ。


で、それの前座で出演します。
バンド名はCAL-RAY-SHUっていいます。
f0107072_1155844.jpg

この日オンリーのバンドです。この日のためだけに作ったバンド!
Vo、Hidechan Bass、Hajimeさん Dr、K北さん PiはMizotchiが急遽仕事で出られなくなったんだけど、代わりにGtでTanigutiさんっていうこれまたテクニシャンな方が入ってくれて
エライことになっています(笑)。
興味のある方は是非!
チケットがちょっと高いんだけど2500円!でもきっと価値はあるかと思いますよ!是非。
ほしい方は私まで連絡ください。

3月4日 小松市民交流プラザTHE MAT'S(小松駅高架下)
    開場 PM4:00 開演 PM4:30
    チケット:前売り2500円  当日2800円

です。よろしくー!!

しっかし・・バンド名の横にカタカナふるなよー!!(怒)


で、今日はCAL-RAY-SHUの練習でした。
初練習!
曲も決めながらアレンジ。っていうかジャムセッション風にやりながらアレンジをしていくんだけど。
みんなさすがです!7曲!いい感じに形が見えました。
いい感じです
で、あと一回練習して本番です。

選曲のバランスとセンスがいいなー。
楽しみにしてください。
[PR]
by muslab | 2007-02-20 23:59 | 音楽

濃かったよ~!

土曜。某高校へステージドリルの指導に行く。
朝から3時までのレッスンで動き自体はほぼ思っていたところまで動けるようになったので、かなり気が楽になった。かなり動いているように見えるが実際のところは大したことはしていない。つまり見ているほど難しくはないんだよ(笑)。
あとは曲がちゃんと吹けるかがカギなんだけど・・・。
実はこの日は妻の誕生日。だから仕事はこれでおしまいにして、妻とデート。
子供たちは友人宅が預かってくれた。2年ぶり位かなー、二人だけで出かけるのは。
金沢のレストラン・シェ・ヌーでちょっと贅沢な食事を楽しむ。本当に美味しい料理だった。
去年の夏に隣のサロン・ド・シェ・ヌーでサロンコンサートをしたんだけど、シェフが「食後のお茶を隣でどうぞ」ってサロンのほうへ案内してくれた。キレイな夜景の望めるサロン。貸切状態!
f0107072_053082.jpg
妻大喜び。その後レイトショーで映画。この日封切の「ドリーム・ガールズ」。最高でした。二人で映画も「ま」が生まれてからはじめて!よけいに感動!この映画絶対お勧め。音楽がすばらしい!!
妻へ!誕生日おめでとう。これからもよろしくお願いします。

日曜。消防音楽隊で新一年生対象の『よいこの集い』に出演した。
我が家の「つ」も新一年生。この集いに参加していたが、珍しくお楽しみ抽選会にも当たっていて大喜びだった。
f0107072_0105174.jpg

この日はこれが終了後すぐシルクビートでの市民吹奏楽団のミニコンサート。
アンサンブルと合奏。私もアンサンブル、合奏に司会(カミカミだけど・・)に奮闘しました。
f0107072_0192062.jpg

雪がないからたくさんのお客さんが聴きに来てくれました。ありがとうございました。一緒に出演してくれたM中吹奏楽部の皆さん、K高校フルートアンサンブルの皆さん、市立高校の生徒さんでマリンバ独奏で出演してくれたY田さん。本当にありがとう。
f0107072_0194236.jpg

そしてピラミッドの練習に金沢へ!
このへんですでにヘロヘロになっていますが、この日はもうひとつ約束があって、終わってから鶴来のD・N・A ロック・カフェに友人のライブを見に行きました。フュージョンを得意とする彼のライブ。同じサックス吹きだけど私はあんなにカッコよく出来ないなー。っていうかプレイのスタイルが全然違うんだけど。
しかし、金沢のジャズ・フュージョンシーンのミュージシャンたちがたくさん来てて、顔見知りだらけ。あらためて彼の力を知りちょっと尊敬!

月曜。ヘロヘロになりながら仕事をする。会計事務所へ行ったりいろいろ。
午後、K北氏がサボリ(笑)に来ていたがそこへ中国から休暇で帰宅していたU野君が登場。
ドラマー同士ドラム&音楽談義で盛り上がった。楽しかったから疲れも吹っ飛んだな。
U野!早く帰ってきてくれー!!またみんなで楽しくやろうよー!!。

いや~濃い~三日間でしたね。
[PR]
by muslab | 2007-02-19 23:22 | いろいろ

変化。


午前中はアマオケのお客様。
今日はクラリネットのバレルを交換。RC純正用とチャルダッシュっていうバレルを試してみたが、明らかに今まで使用していたバレルと音が違う。
RC純正もチャルダッシュもピッチの関係で66mmをチョイス。
純正バレルもかなり音がまとまっていい感じだったが、チャルダッシュを装着するともっと中身の詰まった、しかも均一性のある上品な響きに変わった!

f0107072_225429.jpg
ちなみにこのバレルは米国のクラリネット奏者でもあるギー・チャダッシュがビュッフェ・クランポンのクラリネット用にカスタマイズしたバレルで、上側が広い、逆円錐状テーパーのボアを持っていて低音域から高音域まで反応が良く、柔らかい音色が特徴のバレル。
迷うことなくチャルダッシュを選んでいかれたが、やはり息の入り口に近いパーツの交換による音の変化はすごい。
マウスピース、リガチャー、これだけでも随分変わるが、リードパイプ(ネックやバレル)では更に音の質や密度、色合いをよりハッキリさせる。

言い換えれば予算の都合上、あまり上級機種を購入できなくてもマウスピースやネック、バレル、リガチャーをよいものにするだけで、楽器は1ランクも2ランクもグレードアップするんだね。

f0107072_215399.jpg
午後も学生オケのお客様。これもちょっとカスタマイズ。
そしてもう一人思いがけないお客様。お土産もいただきました。人形焼!
ありがた~くいただきました。美味しかった!ご馳走様!

夜は明後日吹奏楽団のミニコンサートで演奏するアンサンブルの練習。その後帰ってコンテの作成
明日は午後まで指導です。明日でメドがたてばその後は随分楽になります。
明日の分は間に合わせないとね。がんばって書きます。
[PR]
by muslab | 2007-02-16 22:59 | 仕事