仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー

<   2006年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2006年もう半分終了

6月終わっちゃいましたね。明日から2006年の後半戦ですね。
4月から始めたBlog。3ヶ月、ほぼ毎日書いてます。日記なんて子供の頃からまともに書けたこともなかったのに!小学校の頃の夏休みの絵日記さえ終わり頃にまとめ書きだったなー。
その血はしっかり「ま」に受け継がれてたりして・・・。
意外と文を書くって楽しいなと感じています!キライではないなー。だって毎日好き勝手書いてるだけだもんな(爆)。
高校の演奏会関係も一段落しました。今は中高共に期末試験で部活もちょっと小休止。
これが終わると一斉にコンクールモードで皆さん戦闘態勢にはいりますね。
工房はこの試験休みから野戦病院と化します!突然負傷した楽器たち、言うことを聞かない楽器や奏者の相談が日々工房を訪れます。これが来ると夏本番です。頑張るぞ!

ところで、ここで告知です。明日は2時から加賀市のH立中学校のコンサートがあります。
そこで、市民吹奏楽団のメンバーや、たくみ@こるにすとさん、あいば~さんで構成される金管アンサンブルグループサンク・キューブが出演します。今日吹奏楽団の練習後にリハーサルをしていました。今回はなんとU津さんもスペシャルゲストでフルートで加わります!
楽しいです。カッコイイです。お時間のある方は是非H立中学校へ!
更にあさって2日はY中中学校の演奏会がY中町文化会館で行われます。先日から何度かこのBlogでも紹介しているステージドリルもあります。こちらもお時間のある方は是非!
f0107072_083741.jpg

[PR]
by muslab | 2006-06-30 23:57 | いろいろ

えっ!?

予定通り仕事が進むと気持ちがいい。普段はなかなか予定通りにいかないなー。
この仕事、基本的には順番を守ることが大事だが、融通を利かせられる場合は予定を多少変更してもしなければいけない場合もある。でも、そのために他のお客さんに迷惑をかけることはしてはいけない!と思ってる。
臨機応変が大事だ。でも時々わけがわからなくなって約束の日を間違えてしまう時がある。
今日は予定通りにいったにもかかわらず、納期を1日間違えてたのがあった。
カンペキに間違えていたのである・・・。快く「明日でいいよ」といっていただけたが、落ち込むなー・・・。
自分にダメ出しだ。日々勉強、日々反省!
明日の納品約束の楽器は全てちゃんと納品できます。今日の間違え分含めて!

家に帰ると「ま」はピアノの練習、「つ」はいつもの工作です。
今日は面白いもの作ったよ。優勝メダルって言ってたけど、たぶんトロフィーだろうな。
ワールドカップ見て作ったのかな?左手に持ってるのは広告にあったガンダムを切り取ったものです。とてもきれいに切り取られている!ハサミの扱いはもうバッチリだな。
f0107072_22405225.jpg

[PR]
by muslab | 2006-06-29 22:47 | 仕事

夕食

平日は夜帰りが遅い日が多いんだけど、予定がある日以外は必ず家で食べるようにしています。妻は必ず手作り。今日のメニューは?ポテトサラダにアジのフライ。そしてナスとズッキーニとトマトのチーズ焼き!基本的に私はおかずは1品でも平気なんだけど、妻はいつも3~4種類のおかずを作ってくれます。太るはずだよ!だから最近は夜は炭水化物のお米を抜いています。でも効果が全く現れません。なぜ?それは、そのぶん栄養価の高いおかずをしっかり食べちゃうから!う~ん…ダメだこりゃ!
f0107072_9224493.jpg

[PR]
by muslab | 2006-06-28 23:39 | 家庭

550チャンネル

仕事中はほとんどUsenを聞いている。なんと550チャンネル!絶対全部聞かないけど。
大体聞くのは決まってるなー。
f0107072_2211172.jpgでもこれを入れた頃は440チャンネル。で、何年かしてキャンペーンで無料で550に交換ていうこで、勝手に交換して行ったんだけど、だからっていつも聞くチャンネルが変わったをけでもないんだよね。多少は増えたかな?って位のレベル。
実は導入のきっかけはミュージックチャンネルじゃなくて、なんとFMラジオ!
UsenでFM YokohamaJ-WAVEが聞けるのです!石川にいながらにして!
選曲や番組のセンスがいいんだよなー。いい感じです。横浜近辺の道路状況やたら詳しくなってたりします(笑)。
f0107072_22142262.jpgでも550もあるといろんな番組があるんだけど、よくスーパーやホームセンターで流れてるBGM。ああれもそうなんですよ。絶対工房では聞かないけど。
毎月プログラムガイドが送られてきて、特集番組やチャンネルの詳細も分かるのでそこからチョイスできるのもありがたいね。
でもね、聞く場所によって全然イメージが違うんだよね。
おしゃれな雑貨屋さんやレストランとかショップで流れてて、いいなーと思って工房で聞いても全然おしゃれじゃない!なんで??
そりゃープチ鉄工所みたいに機械があって、エプロンかけたヒゲの怪しいおっさんがバラバラの楽器と工具をもって作業してる空間って、おしゃれとはほど遠いじゃん!!(爆)
[PR]
by muslab | 2006-06-27 22:24 | 仕事
またまた日が変わってしまったけど、今日(と言うか昨日)は韓国からのお客様!
いつも訪韓のたびに韓国でのみんなのお世話と旅のプランをこちらの旅行社と見事な連携で演出してくれている「ハイ・ワン旅行社」ホン社長ヤンさんだ。
仕事で来松されました。
オレガンマニムニダ!(お久しぶりです)
マンナソ、パンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)
今年の3月に行った小松市青少年吹奏楽団の第10回訪韓演奏旅行のときも当然お世話になったのだが、3年ごとに行っているので30年!
私が高校生の時に行ったのが第2回なので、私自身がホン社長と初めてお会いしてから27年経ったことになる。数年前に家族旅行で行った時もお世話になった。市民吹奏楽団で行った時も、打ち合わせに行った時も!たぶん今まで11か12回行っているけど、いつもいつもお世話になりっぱなしだ。

社長はいつもバイタリティにあふれているが、この冬は少し体調を崩されたようだった。しかし今日はお顔の色もよくいつもの元気な社長だ。よかった!
そしてヤンさん。現在同社の取締役だが元は普通のガイドさんだった。しかし彼女は仕事がデキルし頭もそうとう切れる!日本語も上手い。社長の信頼も厚いスーパーウーマンだ。そして取締役に抜擢!勿論私達が訪韓したときは、自らガイドのリーダーとして私達に快適な旅を提供してくれます。
吹奏楽協会の面々とは旅行社とお客と言うよりも友人というか戦友といった感じだろうな。
今日はみんなで接待!協会の皆さんとも楽しい時間を持つことができました。
明日には仕事で大阪に行かれる予定。
ホン社長、ヤンさんお体に気をつけて、いつまでもお元気で!
トゥマンナヨ!(またお会いしましょう!)
f0107072_137421.jpg

[PR]
by muslab | 2006-06-27 01:42 | いろいろ
先週に続き今日は市内の消防団の総合訓練でした。早朝から会場の小松ドームに集合7時半には開会式で行進曲と式典演奏です。訓練の時は音楽隊の制服ではなくて盛夏服に編み上げブーツ、アポロキャップという格好です。写真は本番直前です。
f0107072_19365655.jpg

本来ならお昼で終了で、各隊の順位が出るまでアトラクションの演奏もするのですが、
今年は運営上の思わぬトラブルのため急遽アトラクションは中止になりました。ちょっと残念!

f0107072_19504582.jpg
午後、昨日も行った中学校でステージドリルの指導。
2日で出来ました。見た目は結構動き回ってる様に見えます。やった!間に合ったね!
生徒達も頑張って覚えてくれました。みんなマーチングは好きみたいですね。
この中学校も数年前に現在の先生が赴任されて、どんどんサウンドが変わってきました。
今年は昨年よりも音がしっかり出ているので楽しみだね。後は来週最後の調整をすれば大丈夫でしょう。いいステージ期待してるよ!あと一週間がんばってね。
f0107072_19511933.jpg

さあ!今晩は久しぶりに家族で温泉にでも行って、ゆった~リお湯につかってくるかな!
[PR]
by muslab | 2006-06-25 20:01 | 仕事

今度は中学校のドリル!

午前は某中学校のこれまたステージドリルの指導。
7月の2日が演奏会だが、先週がコンクールの予選だったため今週木曜からじゃないと練習に入れない現実が・・。つまり、今日と明日で格好にしないと間に合わないのだ。大変だ!!
しかし、私ってこうゆう状況でなんとかするっていうのは結構得意なんですね。
お任せあれ!大したことしてないのに結構動いてる風に見せるワザとか持ってます(笑)。
人数もそんなに多くはないのでコンテのデザインもしやすいし、なんといってもマーチングの大会にも出てる学校なので、経験のない学校を教えるのとは格段に違いがある。
パーカッションアンサンブルを間に挟んだ3曲の構成なので、動きがあるのは2曲!
木曜日から順にコンテをFAXで送ってあったので、今日だけで2曲目の途中まで(コンテがここまで)なんとか演奏しながら動けるようになった。よしよし。
後はのこりを明日の午後からやって、調整すれば何とか間に合うぞ!
しかし何処に行っても思うことは、生徒って凄い!ってこと。若いからって云うのもあるんだろうけど吸収力がちがうなー。多分私は覚えられません!(爆)
昼食。顧問のY井先生に「ピザでもいかが?」と連れられて来たのは「アルピニスト」っていうお店!知らんかったー!ログハウスのステキなお店だ!
f0107072_2323819.jpg



f0107072_2324472.jpg天気がいいのでテラスバルコニーに出て食べることに。
今日は意外とカラッとしてて気持ちがいい。Y井先生腕だけ登場。(笑)
サラダと「茄子とモッツアレラチーズのピザ」!美味しいし気持ちいい。ご馳走様でした。
今度妻と子供達を連れてこよう!

f0107072_23251581.jpg

f0107072_2325329.jpg

食事の後工房へ帰り、修理の仕事。あっという間に5時半!
6時からK高校の定期演奏会がある。春に先生が変わって新体制での演奏会!
ここは伝統的にビックバンドステージがあって、他の学校とはちょっと雰囲気が違う演出です。
演奏会ってそれぞれの学校の特色がよく出て面白いですね。
最後のステージは」前任の先生と新しい先生それぞれ指揮を振ります。
やっぱり指揮者によってカラーががらりと変わるよね。いい演奏会でした。
今後どんな風になっていくか楽しみです。頑張ってください!!
てっちょみ先生、よしや先生ご苦労様でした。
帰宅すると、k谷家の子供達と奥さんが。子供達は仲良く遊び、大人は談笑。
妻も楽しそうだった。k谷家のおかげで随分助かってる。いつもありがとね。
[PR]
by muslab | 2006-06-24 23:47 | 仕事

分奏

今日は吹奏楽団の分奏の日。金管と木管それぞれ別の場所で練習。
木管は常任指揮者のH瀬氏。金管はいつもお世話になっているM田先生だ。
課題曲、自由曲どちらもまだまだだなー。課題は多いです・・・・。
自由曲はオルフ作曲の「カルミナ・ブラーナ」
資料によると『世俗の賛歌「カルミナ・ブラーナ」は、劇的三部作「勝利(Trionfi)」の第1作であり、1935~36年に作曲され37年に初演された。』らしい。さらに『「カルミナ・ブラーナ」とは南ドイツ・ボイレン修道院に残された中世の詩集である。オルフはそこから24の詩を選んで曲をつけている。』らしいのだ。
お分かりの通り合唱曲なのだ!
この曲金管はきついが、全体的に譜面はそんなに難しくない。というより簡単だ。しかし楽器を経験の方は分かるだろうけど、全音符、2分音符、4分音符で豊かに音楽を表現するのはとても難しい。しかも!歌の、合唱の曲である!歌詞が付いている曲だ!
・・・・難しいと思うよ・・・ニュアンスを揃えなければいけない。声の様に演奏しなきゃいけない。
コンクールでの勝ち負けも大事だろうけどまずは演奏する曲が音楽としてちゃんとしているかが大事だと思います。吹き手もオーケストラの音、歌を良く聞いて曲を理解することが大切だと思いますね。私も勉強しよう・・・。
コンクールまであとひと月だ。精一杯やれるだけの事はやって出たいな。
H瀬先生、M田先生よろしくお願いします。
f0107072_23385064.jpg

[PR]
by muslab | 2006-06-23 23:41 | 音楽

改造楽器

さあ!昨日はクラリネットの勝手な組み合わせはやめてね、っていう話をした後に、トランペットの「シルバック」「ヤマキー」の話をしました。そう!改造のお話をすこしね。
楽器の改造は大きなものから小さいものまでいろいろです。まるっきり造り替えてしまうものや見えないプチ改造。どれもお客さんの要望でおこないますよ。
この工房でも、改造は扱います。そう、小さなものから大きなものまで。
2年ほど前、ある改造をしました。それまでそのシステムの事をはっきり知らなかったのに、その大胆な改造を私に託してくださった方がいました。見た目より作業は大変で、いわゆる大改造の部類に入ります。それがこれです!!
f0107072_20404858.jpg

f0107072_2041471.jpg

わかるかな?ちょっと普通のホルンと違うと思わない?特に3番館とマウスパイプ!他にもいろいろ違うところがありますが、目だって違うところはこの2箇所でしょう。
3番上昇管ホルンです。フランス楽壇全盛期のピストン式の楽器で採用されていたシステムで、ようは3番を押した時に管が一番短くなって、開放時より1音上昇する。というシステムです。普通は3番を押すと1音半下がるんですよ。だから運指も少し違うんだけど、またこんな話分からない人や興味がない人にはチンプンカンプンなのでしません(笑)
いい人にはいいのです。分かる人にはわかるのです。
管の長さを測定したりカットしたり、使いやすいようにといろいろ考えました。
マウスパイプやいくつかの管は曲げなおしやレイアウトを大幅に変更したり、支柱の位置を変えたりで、特にレイアウトや支柱の位置は音程、音色にかかわるので位置を決めるのが大変でした。ラッカーがけ等はしなかったのですが、いつかピカピカの楽器にしてみたいものです。私にとってかなり勉強になりました。何度も本番で使用して頂いてます。作者冥利に尽きます。この改造を前後して工房にはやけにホルン吹きの方が集うようになりました。
こんな素晴らしい仕事させていただいて、本当に感謝しています。
[PR]
by muslab | 2006-06-22 21:40 | 仕事

ヤマンポンのクラ

f0107072_192196.jpg
えー、たま~に学校の楽器でありますねー。クラリネット・・・。
しかも上管と下管が違うメーカーで組まれているもの・・・・。
今日の楽器は上がクランポン(正確にはイベット)、下がヤマハ。
しかも、お互いの相方がないらしい・・・・・。なんでやねん??
時々見かけます。こんな楽器。おそらく上管がなんとか生きてるやつと下管が生きてるやつを合わせて、なんとか音が出たからそのまま使ってる。それがまた後輩へと移り、別に気にせず使ってるので、修理に出した時に判明する!・・というわけですね。
また、同じ楽器でも上と下のシリアルナンバー(製造番号)が違うやつ。これも組み合わせる理由は同じ。これ、その時はとりあえずその組み合わせで調整しますが、後で学校へ行ってそれぞれの相方を探さなきゃいけません!一度それで5本くらい見事にシャッフルされていたことがありました。(これを元に戻すのは結構大変でしたが・・・・)
お願い!勝手に組み合わせ変えるのはやめてねー!!m(_ _)m

余談ですが、トランペットなんかには、わざとシルキーのマウスパイプからバルブセクションにバックのベルを取り付けた「シルバック」とかヤマハにベルだけシルキーの「ヤマキー」っていうのがあるんですねー。
しかし!これはリペアマンがちゃんとした技術で造った(改造)楽器です。
クラリネットでも音程や音質、吹奏感等の向上のためにバレルやベルを他のものに交換することはあります。
でもね、とりあえず音が出るからって低レベルのお話ではありませんからね。(笑)
くれぐれも、まずは本来の組み合わせにで使用されることをおススメします。
[PR]
by muslab | 2006-06-21 19:07 | 仕事