仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

特殊なフルート・パッド

載せようかどうしようか迷ったけど、載せちゃいます。


某メーカーのフルート・パッドです。
普通のフェルトにフィッシュ・スキンを被せたものとは違います。
細かく書くと長くなるので書きませんが・・・。

しかも、一般にパーツとして販売してもらえません。
このメーカで研修を受けて認定された技術者がいないと購入できないとか、何処にも出さないとかいろんな話がありますが、どちらにしても一般的には入手不可能です。

メーカーはメーカーでメンテナンスは全てメーカーに送るように楽器の持ち主に促しているようですので、ほとんどの方はそうなさっているようですし、それはそれでメーカー側のアフターとしての方針なのでかまいませんが・・・・。

でも、急な場合は地方の場合送っても時間がかかるので此方で直す場合があります。
そんな時、パッドが破れてたりすると困るんですよねー。
でも、以外に切れやすいんですよこのパッドは。

そんなときはどうするのか、交換したほうが良いときは!

で、私は敗れたスキンのみを剥がして交換というか被せなおしをしています。
スキンはダブルスキンといって2枚重ねてあるため、1枚の交換で良い場合は1枚、2枚とも破れてたり切れたりしていたら2枚とも交換します。

こんな感じです。たとえば上の1枚が切れているパッドです。
f0107072_174457.jpg

上の1枚をきれいに剥がし、中の2枚目の汚れなども取り除きます。

そしてパッドの大きさよりも大き目のフィッシュスキン(黄色)とシートから切り取ります。
f0107072_17471367.jpg


それを型にはめ込んで糊を付け引っ張りながら貼っていきます。
f0107072_17553441.jpg


こんな感じできれいに張り合わすことが出来ます。
f0107072_1756868.jpg


外したときにマーキングしてあるので元の位置にちゃんとパッドをセットする事ができます。
f0107072_1758193.jpg


どうです?きれいに張り替えられるでしょう?
そしてキイを組み立て調整すれば終わりです。

しかし、何で売り出さないんだ?
わけがわからん!
[PR]
by muslab | 2008-08-01 18:01 | 仕事