仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アレンジャー!

f0107072_22183496.jpg
ニューサウンズ・イン・ブラス2008、今年のこのCDには他人事ではない事がある。

アレンジャーの一人にある方のお名前が!

本澤なおゆきさん。

吹奏楽のポップスアレンジのメジャー・シーン、ニューサウンズ・シリーズについにデビューだ!

おめでとうございます!!
いや~、嬉しい!自分のことみたいにうれしい。

本澤氏とはこれまたお世話になった作曲家侘美秀俊氏からの紹介で数年前ウチの市民吹奏楽団でポップス曲のアレンジをお願いしてからのお付き合い。
この年は35周年で侘美氏にはオリジナルを作曲依頼したのです。

そのときにお願いしたのがチック・コリア『スペイン』
ビックバンド・サウンドを軸に+木管楽器、Hr、Euph、Tubという雰囲気のアレンジで、これまでにないカッコイイアレンジだった。

その次の年もVo入りの曲を2曲書いてもらった。
曲は『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』と『A列車で行こう』

これもどちらも良いアレンジ。ちょっとこれまでの吹奏楽のアレンジャーと違う!
ちなみに氏のアレンジはミュージック・エイトでは何曲か出版されていたりします。

で、話を戻すと、そのニューサウンズ・イン・ブラスでの本澤氏のアレンジは『YMCA』

これがまた、ちょっと小洒落たことになってます。
SaxやTbセクションのソリやTp,Tbアドリブソロ。このソロへの入り口の展開の仕方等は流石ですね。
ソリは恐らく本来はもっとテンションがかかった「ゴリッ」としたサウンドになると思うんだけど、東京〇成の演奏はその辺が全然カッコよくないことになってて残念!
わかってないなー。〇成Saxセクション!(毒)

ひいき目ではなく今回収録の曲の中では一番キャッチーでかっこいいと思います。
けど、チョット中高生にはカッコよく吹けんやろうなーと思うニクイ曲でもあります(笑)。

ウチも早速購入しました。
今日はちょっと電話でもお話しましたが、お元気そうでした。

これからも是非活躍していただきたいアレンジャーです。
頑張ってください!そして有名になっても私らのこと忘れないでくださいねー(爆)!
またアレンジお願いします。
[PR]
by muslab | 2008-05-16 23:18 | 音楽