仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ちょっとレアな・・・

f0107072_2325245.jpg
昨夜消防音楽隊の指導終了後
金沢のジャズの聖地「もっきりや」に行った。
ゼイン・マッセイっていうニューヨークから来たテナーマンを聞きに。

やっぱ音やね。
彼は見た感じダブル・リップで吹いている。
ブランフォードと同じ。そういえば吹いてる顔もなんとなく
ブランフォードに似てる。
とにかくプロとアマチュアの違いはテクニックはもちろんだけど決定的な違いは”音”!
太くて柔らかい!でも芯がしっかりしている。
テーマのフェイクの仕方がカッコイイな。いかにもだ。

自分にも出したい音、好みの音がある。
更に磨きをかけなきゃな。
生を聞くのは得るものが大きい。 勉強になったよ。

ところで、今日はまたちょっとレアな楽器を。
f0107072_23105267.jpg

見えるかな?J.Lancelotって書いてあるのわかる?
楽器はビュッフェ・クランポンのクラリネットのベストセラーR-13なんだけど、メーカー刻印の下に「J・ランスロ」って書いてある。
ランスロの愛用した楽器は「コンチネンタル」ってモデルで1994~99年に限定復刻したモデルがあるんだけど、それにはContinentalって刻印があるのでそれではないようですが、ランスロが選定した楽器にランスロのサインの刻印を付けて販売していたような記憶があります。
定かではありませんが・・・。これも調べておきます。
まあそれだけの話なんですが・・・・・。ちょっと珍しかったので。
楽器の痛み具合はかなりのものでした(苦笑)。
[PR]
by muslab | 2007-02-27 23:01 | いろいろ