仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

分奏

今日は吹奏楽団の分奏の日。金管と木管それぞれ別の場所で練習。
木管は常任指揮者のH瀬氏。金管はいつもお世話になっているM田先生だ。
課題曲、自由曲どちらもまだまだだなー。課題は多いです・・・・。
自由曲はオルフ作曲の「カルミナ・ブラーナ」
資料によると『世俗の賛歌「カルミナ・ブラーナ」は、劇的三部作「勝利(Trionfi)」の第1作であり、1935~36年に作曲され37年に初演された。』らしい。さらに『「カルミナ・ブラーナ」とは南ドイツ・ボイレン修道院に残された中世の詩集である。オルフはそこから24の詩を選んで曲をつけている。』らしいのだ。
お分かりの通り合唱曲なのだ!
この曲金管はきついが、全体的に譜面はそんなに難しくない。というより簡単だ。しかし楽器を経験の方は分かるだろうけど、全音符、2分音符、4分音符で豊かに音楽を表現するのはとても難しい。しかも!歌の、合唱の曲である!歌詞が付いている曲だ!
・・・・難しいと思うよ・・・ニュアンスを揃えなければいけない。声の様に演奏しなきゃいけない。
コンクールでの勝ち負けも大事だろうけどまずは演奏する曲が音楽としてちゃんとしているかが大事だと思います。吹き手もオーケストラの音、歌を良く聞いて曲を理解することが大切だと思いますね。私も勉強しよう・・・。
コンクールまであとひと月だ。精一杯やれるだけの事はやって出たいな。
H瀬先生、M田先生よろしくお願いします。
f0107072_23385064.jpg

[PR]
by muslab | 2006-06-23 23:41 | 音楽