仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

サマコン前日

「ま」達の中学校の吹奏楽部はコンクールが全て終わって1週間。

息つく間も無く定期演奏会であるサマー・コンサートの練習に入り、いよいよ明日がコンサート当日。
コンクールの曲に加え、これまで十分に構ってあげられなかった一年生のみの合奏や三年生のみの合奏曲。
新体制後の一、二年生だけの合奏曲。
一年生から三年生までが一緒に演奏する曲。

出来る限り最後の一週間が有意義なものになればと気持ちと時間を注いで来ました。
だって一年生が三年生と一緒に演奏したり教えてもらったり出来るのもこれで最後だし、二年生が先輩達の一緒にワイワイ出来るのも最後。

まぁ、生徒達にはそんな思いは全然伝わってはいないと思いますが・・・・。(笑)
今日は朝から他の保護者の皆さんと体育館にステージを設営したり準備をして、リハーサル

人に音楽を聞かせる以上、演奏者側の責任と礼儀として出来る限りの良い演奏をお客様に提供する。
それは中学生だろうが大人だろうが素人であろうが玄人であろうが同じだと思っています。

そしてその事がコンクールの結果を出すことよりも大事であることを春からの短い期間ではありましたが教えてきたつもりです。

そういう思いでは無い方もいらっしゃると思います。(実際にはいらっしゃるんだけどね)
でも私の考えはそうなのです。

だから練習するし、注意もする。
時には厳しく時にはやさしく。

そして良い演奏が出来たときの、感動を知って欲しいのですよ。
全てはそのためのプロセスで、コンクールの結果などはその後に来るものだと思っています。

だから明日の曲も短い時間ではありましたが出来る限りの演奏をして欲しくて少々厳しい感じでやって来ました。
一生懸命取り組んできたことの中で辛かった体験、楽しかった体験、悲しかった体験、嬉しかった体験、つまらなかった、悔しかった!そんな体験は全てその人その人のの宝になります。
事実、そのような体験を通して積まれた貴重な体験の数々、それを通して出会った人たちがが現在の私の一番の宝なのですから。

生徒達一人一人がどんな思いなのかはわからないし、聞くつもりもありません。
勿論「ま」にもです。
でも一人でもこの数ヶ月間の付き合いの中で『良かった!』と感じてくれる生徒がいれば十分です。

明日は本番!集大成!!
がんばろう!!



今日は夕方から津〇南中学校へ行って来ました。
何をしに?っていうと、なんとPTA主催のコンサートでJAZZを演奏してきたのですよ。

勿論他にも津〇南中吹奏楽部の演奏やアカペラグループの歌などありましたが。
津〇南中吹奏楽部はさすがに上手くて、感心してしまいました。

津〇南中の顧問の先生から依頼されたのですが、メンバーはGt TK水野、Bass Babaちゃん、Dr K北さん、で、Sax私のカルテット。
トリで演奏させていただいたのですが結構良い感じで盛り上がりましたねー!!
「イエイ!!」とかいろんな声も飛び交い正しいJAZZコンサートのあり方(笑)でしたよ!

中学生はアングリとした感じで聞いていましたが(笑)。
お客さんの多かったので楽しかったですよ。
こんな学校でのコンサートは機会があればいろいろやってみたいですねぇ。

津〇南中PTAの皆さん!どうもありがとうございました!!
また快く参加してくれたメンバーの皆さんありがとう!
[PR]
by muslab | 2011-08-27 22:55 | 音楽