仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

セッション~そして今日はコンクール

夕べはJAZZBAR REVERSIDEにライブとセッションに行って来ました。

東京から、バリトンサックスの長島一樹氏とトランペットの田中充氏の2人。
長島氏のバリサクは勿論素晴らしかったですが、今回初めて近くで聴いた田中氏のトランペット。

美しい・・・・。フレーズも当然素敵だが、音色が本当に美しい!
やはり楽器は音色だ。
美しい音にはワンノートでやられてしまう。

セッションも出来たしお店の中は本当にたくさんの人で、ミュージシャンもいっぱい!
十分すぎるほど盛り上がり、実に楽しいひと時だったよ。

気がつけば深夜1時半!
家に帰って2時半だ・・・・・・。

そして多少睡眠不足で朝を迎えた今日は吹奏楽のコンクール。

娘がいる吹奏楽部も出場します。
以前お話したとおり今年から大編成になった事で、お手伝いするため春から週末に部活を見ることになったので、私にとっても緊張のコンクールの日なのです。

夏休みということで、出来るだけ半日は沢山部活に足を運び練習して来ました。

自分で言うのもなんですが、かなり上手になったと思います。
でも、それくらいでは今時の大編成には立ち向かえないのですがね。

でも一年目の目標をしっかりと作ってそれに向けて皆で頑張って来ました。

本番では前回同様これまでの練習の成果を十分に発揮した今のあの子達に出来る最高の演奏をしてくれました。
練習通り!しかも本当に落ち着いてまとまった演奏をしました。
私としては『本当によく頑張った!』と生徒達を心のからねぎらう事ができました。
足りないところがあるとすれば私の詰めの甘さと指導力不足でしょうかね。(苦笑)

結果はこれまた前回同様銀賞でしたが、講評には90点台や80点台後半の高評価をつけてくださった審査員の先生も数人いらっしゃったので何の不満もありません。

十分すぎるほど手ごたえと価値のあったコンクールでした。
いろんな先生が声をかけてくださいました。『演奏とてもよかった!』と・・・。それだけでも十分でした。

これまでの数ヶ月の努力は間違いなく実っていて、そして9月からの新体制に受け継がれていくのです。
来週には3年生が最後の舞台となるサマー・コンサートがあります。
それまで、またじっくり付き合ってあげるつもりです。

今夜は気持ちが良いです。
M中吹奏楽部のみんな!ご苦労様!そしてありがとう!!
[PR]
by muslab | 2011-08-21 23:53 | 音楽