仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

報道

今回の地震災害の報道番組に出演されてるアナウンサー、リポーターやコメンテーターって、いろんなタイプの方がいますが・・・・

ある一部の方たちのコメントを聞いていて悲しくなりました。

すべての人が想定もしていなかった未曾有の大惨事、大災害なのに

『誰々、何処何処の対応が遅かった云々・・』
『危機意識が甘すぎた云々・・』
『正確な情報を提供しないと云々・・』

こんな類の事を語る人
そんな事、わざわざ被災もしてないところで偉そうに語ってほしくないです。

なら、あなたが現場にすぐ行って陣頭指揮をとればいい!
あなたたちは予測できていたのか?
対処法を知っていて、即使う事ができたのか?

だれも想像がつかなった地震の大きさと津波の大きさだったんだ。
経験した事がなかったんだ。
高台に逃げても波で持っていかれたんだ!

現場の人は被災したにもかかわらず頑張って他の被災者のケアをしたり生存確認できていない人の捜索を手伝ったりいろいろしている。

家族を目の前で流されたり一緒に逃げる途中に子供や奥さんを津波にさらわれていった人、親の安否もわからない小学生や家を流された子供に容赦なくインタビューし『どうでしたか?』と聞くレポーターのあまりにも無神経さに愕然とします。

この類はほとんど民放です。

官房長官や東京電力の担当者に向けられるジャーナリスト的な怒りを露にした容赦ない質問と心無い言葉遣い。
正直、気分が悪いです。

政府だって出来る限りの事を不眠不休でやってるはずだ。
一番情報がほしい人は現地の被災者だと思います。
枝野さんはおそらく寝ていない。

F社の『〇ダネ』の司会をしていらっしゃる方などはいったい何様?と言いたいくらいの言いたい放題で・・・。
他にもそんな人がイッパイ。
こんな時ほどその人の本当の姿が見えますね。

他社もヘリを飛ばして上空から『SOSの文字がみえますっ!』って騒いでる暇があったらそのヘリで物資を運んでやれよっ!って思います。

国営放送局は節電のため教育の深夜放送やBS2の放送を止めるそうですが、民放各社が一定の時間の放送を止めればかなりの節電になるのでは・・・。


やはり国営放送が一番誠実な報道をしていると思います。

今回の報道に関してそう思っている人は私だけでは無いと思います。

報道に携わる方々には誠実な報道を期待します。
悲惨さを強調してこんなところで視聴率を稼ごうとするのはやめて頂きたいと思います。

無責任に人を攻めるような事を公共の電波を使って言ってほしくありません。(自分たちでブチブチ言うのはかまわん、というか知らんけど)どうすれば良いのか、どうしていくのが良いのか建設的な意見を、知恵を言ってほしいです。

政治家センセ達も上げ足取りはやめて党利党派を超えて一つになって全力で支援のために尽力を尽くしていただきたいと思います。
そのための政治家でしょう?
本当の意味で国としてまとまって欲しいです!


私達にできることは・・・。
[PR]
by muslab | 2011-03-15 08:12 | いろいろ