仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

元素番号4番

記号で言えばBe。

何でしょう?

答えはベリリュウムです。
それを銅に0.15%から2.0%程度を混ぜて作るベリリウム銅合金は銅よりもはるかに強く、純銅に近い良好な電気伝導性がある。膨張率はステンレス鋼及び鋼(はがね)に近いらしい。

ベリリウム銅合金は常温下での強度が高く高抗張力で弾性が大きいため、バネ材に用いられることが多いらしい。
さらにベリリウム中を音が伝わる速度は 8–13 km/sとかなり速いので、ヤマハ・パイオニア等の音響機器メーカーの高音域スピーカーの振動板(主にドーム型)に使用されてるらしい。

そんなベリリュウム銅で作られたベルを持つシルキー社のトランペット。
ベルチューニングの楽器です。

元々ebayで購入して送られてきたときはベルがグニャ~と曲がってねじれた状態だったこの楽器。
先日ミュートを外す際にいきなりパキッという音と共に依然と同じ状態にねじり曲がったらしい。

しかも今回は輪をかけてひどい状態でした。

嘘か真かベリリュウムはへこんだり曲がったりするとその形状を記憶し同じように曲がったりする性質を持つとか・・・・だからバネ材に使われるのか?

かなりグニャグニャ状態でしたがなんとか戻しました。曲管部分が割れるかもしれないと心配するほどつぶれていたのですが・・・・戻ってよかった・・・・。

ほんと、前と同じ場所だもんなぁ・・・。そしてプラスα。
ベルの直観部分は弓なりになってねじれてたし・・・・。


今度は思い出すなよ!ベリリュウムっ!!
今度同じ事になったら間違いなく死ぬよ!ベルとして・・。

と言い聞かせながらチンチンと叩いたりこすったりして時間をかけて直しました。
修理前の写真採ってなかったのが残念!

まぁこんな感じで直りました。
 
f0107072_23583446.jpg
f0107072_2359425.jpg

[PR]
by muslab | 2010-12-16 23:58 | 仕事