仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

疲労劣化で同時にポキッ、ポキッ、ポキッ、ポキッ!

過酷で激しいマーチングで今や県内はもとより全国的にもその独特なスタイルで有名になってきた某工業高校です(母校でもあるのよ)が、そのスタイルと過激な動きのゆえに楽器にも相当な負担がかかる!

コレまでにたくさんの楽器をケアしているし、想像を超えた壊れ方をするので直す側としては随分いろいろな経験をさせてもらった。

そして、ついにクラリネットまでも!
クラリネットは野外でショウをする時や練習時にはプラ管を使用している。
その中でもカラー・バリエーションが楽しいビトーのカラー・クラリネット。

黒、白、青、黄色が揃っている。
しかしここに来てほぼ同時にほぼ全部が一気に折れた!

割れたんじゃなくて折れたんだよ。
しかもほとんどジョイントの根元から!ポキリと!
f0107072_2349152.jpg

しかし31日から遠征で他県に行かなければいけないので、この楽器を使わなければいけない!
折れた4本のうちせめて2本早急に直して持って行きたいとの事!

で、つなぎました。

ちょうどこのクラリネットとボア(内径)サイズがほぼ同じパイプがあったのでコイツを使用することに。
f0107072_23531974.jpg


まずはこのパイプが入るように本体側と折れたテノン側の内径を削って広げます。

本体側はチョット苦労しましたが。
f0107072_23574370.jpg


でパイプを中に入れてテノンとつなぎ合わせます。
ちょうどC♯ーG♯キイのトーンホールが埋まるので取り付け後穴をあけます。

プラ管でよかったと思うのはこのときプラ管にはアンダーカットが施されていないのでそのまま穴を開けることが出来たことです。助かった!
f0107072_03237.jpg


接着後パイプをカットしきれいに削ります。
中をのぞくと内径の段差はありません。
f0107072_051539.jpg


後はジョイントコルクを巻き、部分的に痛んだパッドを交換、楽器を調整。
こんな感じで出来上がりです。
f0107072_072542.jpg


中には結構厚めのパイプが入っているのでこれで同じ風に折れることは無いと思いますがね。

でもまのマーチングじゃわからんなー(笑)。

一応折れない予定です!

同じ処理をした白いクラリネットとならんで。

f0107072_0103223.jpg


間に合いましたねー。
明日から出発かな?
これで心おきなく遠征先で暴れてきてください!

大変だけどこんな仕事、結構楽しかったりして(笑)。
[PR]
by muslab | 2010-07-29 23:36 | 仕事