仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

チャイルド・スポンサー

実はもうかれこれ18年間チャイルドスポンサーをしています。
途上国や戦争、内戦で貧困にあえぐ子供達サポートする里親みたいなものです。
わずかな金額で学校へ行けるばかりではなく家族の生活を支える事が出来ます。

アフリカへの飢餓対策の基金は21年。
これは私が25歳の時から毎月続けています。

チャイルドスポンサーは妻が独身時代に2年。
結婚してから私が引き継ぎ16年。

最初の子供だったホンジュラスのRちゃんは始めた当時は5歳。
無事高校を卒業し、結婚しました。
自分の娘より先にヨメに出しましたよ。

2人目のエクアドルのK君はRちゃんのサポート終了の翌月からはじめ、2歳だったのが今は確か7歳。
父親はいないし母親も病気がちで仕事が出来ないので私達のサポートが収入のほとんどになっているらしいが元気に育っている。そして小学校に通っている。

このサポート料金だが、高校生の一ヶ月のお小遣いよりも安い金額だ。
4500円。
これで家族が生活できる。学校にも行ける。
毎年誕生日に写真と手紙が来る。好きな教科やスポーツが書いてあったり近況を自筆で書いてくる。
勿論翻訳したものも添付されてくるけど。

とにかく学校で一生懸命勉強したり遊んだりしている様子も報告してくる。
治安が悪い国なので金銭的にサポートされていることが周囲にわかると襲撃されたりするらしいので絶対秘密なのだ。

この子がどんな風に成長するのか楽しみだ。
そろそろ誕生日なのでお知らせが来た。8歳になるんだね。
国は違うけど「ま」や「つ」の弟みたいなもの。
でもK君に比べれば「ま」や「つ」は本当に恵まれている。
子供は親を選べないし、生まれる国も選べない。
アフリカの飢餓対策に送金しているお金も月1000円。
これで何百人もサポートできる。

何かをちょっと我慢すれば我が家でも続けられている金額です。

このサポートは出来るだけ続けていくつもりです。

私達が参加している機関はコチラコチラ
[PR]
by muslab | 2010-03-15 23:37 | いろいろ