仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自由研究って・・・。

得手不得手。

人には得意な事と不得意な事がある。

しかし、学校では得意だろうが不得意だろうが同じように授業があり宿題がある。

夏休みの宿題だってそうだ。要領良く早くサッサと片付けてしまう子や最後の最後までかかって仕上げる子。
はたまた、出来なくて始業式に提出できない子。
いろいろだ。

そして、この宿題の中に『自由研究』なるものがある。

研究や調べ物が得意な子や好きな子は何の苦も無く課題を決めてやっちゃうんだろうけど、そうでない子や要領の良くわからない子にとっては大変。

我が家の場合(もしかしたら多くの家庭もそうかもしれない!)は半分は親の宿題になってるかなぁ・・・(苦笑)。

一応本人の希望で研究は進むが、資料を集めたり、まとまる手伝いをしないと、ウチの子の場合ものすごくテキトーに終わらせてしまいそう(笑)。

こういう宿題って、はたして全員に必須でやらせて何か将来的に役にたつのかなぁ?なんて思ってしまいます。
『親子の共同作業をとおして子供とのコミュニケーションを図る』という目的があって、学校側からもそのような通達があるのならそれはそれで理解出来るんだけど、『何でもいいから自分で課題を見つけて研究してきなさい。』じゃあ・・・・。

しかもその自由研究の評価がどうだったのか?、先生は隅から隅まで目を通してくれているのか?それを見てどう思ってくれたのか聞いたことがありません。
ただ提出するだけ。
特に優れている物は市の作品展とかに出展されるだけです。

これに何の意味があるのかわかりませんが、宿題であることと、子供が興味を持って調べてみたいということで手伝っています。

そうやって今年の夏休みももう残りわずか。
24日からはウォームアップ週間で学校です。

さぁ、今年も工作と研究に付き合います。
あくまでも主役は子供ですがね。
[PR]
by muslab | 2009-08-18 23:48 | いろいろ