仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

やっぱり銘器MARK6

先日とても綺麗な状態のアメセルのマーク6のテナーを修理しました。
ラッカーが8割近く残っているシリアルナンバー20万台の楽器です。

いい楽器でしたねー。
「あ~!!やっぱりいいなーマーク6って・・・」
と思ってしまった。

アメセルのマーク6ってどれもよく鳴るんだけど、それぞれが違います。
この楽器は音が太い。
しかも音にまだ艶があるんだよ。
セクシーな音っていうか、ウエットな音っていうか。

私の楽器、カドソンのT-902ASは太い音がでるけど、この艶というかウェット感がないんだよなー。
しかも現行のセルマーのSERIEⅡとかⅢにもない艶なんだよね。

こんな楽器に出会うと現在のヴィンテージとしての売買価格もうなずけるんだけどね。

まぁ、高くて私には手が出ません!
は~・・・・。
[PR]
by muslab | 2009-03-19 23:40 | 仕事