仕事、家庭、音楽にてんやわんやの日々の出来事の記録。でも力まず、焦らず、自然体で過ごしたい日々!


by muslab
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イベント二つ。

毎年最初のイベントです。

出初式!

極寒の総合体育館で式典。
その後、駅の東口ロータリーで消防車両、救急車、分団のポンプ車、分団員の隊列の観閲行進があります。

そして、一斉放水と流れるわけですが、今年は35年ぶりに復活した小松尾小屋鳶保存会による「はしご登り」演技が披露されました。

高所恐怖症の私には見てるだけでもムズムズするシーンばかりです(笑)。
しかし加賀鳶の勇壮な演技はすばらしい!

f0107072_21351489.jpg


はだか放水も冷たそう!
でも天気が良くてよかったな。
見てる人、周囲の人みんなびしょ濡れです(笑)。
f0107072_21372942.jpg

はしご車はものすごい高い位置からの放水。
f0107072_21405751.jpg


今年もスタート!っていう実感が。

午後は、小松市で初の試み。
「こまつトロンボーン&サクソフォン・フェスティバル 2009」
市内のトロンボーンとサクソフォンの指導者、愛好家、音大出身者、学生が中心になって去年から準備してきたものです。

今回私はお客さん。
演奏会を聴きにいきました。
お客さんもお正月ながらたくさん入って、さすが小松だなって感じです。
アンサンブルが中心でしたが、初回にしたら素晴らしい出来だったと思います。
関係者の皆さんご苦労様でした。

最後のトロンボーンの大合奏も素晴らしい演奏でした。
トロンボーンってカッコイイな!!
f0107072_21535871.jpg

この演奏会、もう一つの目的はゲストで小松出身。
ジャズ・トロンボーン奏者の五十嵐誠君に会うこと。

えらい久しぶりで会いますが、彼は現在スタジオやアーティストのサポートミュージシャンとして
結構売れています。
自己のビックバンドやコンボ、はたまた若手メジャー・ビックバンドでも彼の名を見る事ができます。
すごいなー。

で、再開。しばし楽屋で談笑。とても元気!!
f0107072_22205385.jpg


もうちょっと彼の演奏聴きたかった。折角だからフィーチャー曲があればよかったのにな。
チョイ残念。次の企画に期待!

そして、同じく小松出身の照喜名有希子さんも久しぶり。
ご主人はジャズ・ユーフォニアム奏者で鬼頭 哲ブラスバンドでも活躍中の照喜名俊典氏。
夫婦で、このフェスティバルに参加されてました。ご主人は今回はアレンジと指揮でしたが、有希子氏のほうはさすがの演奏でした。

こうやって見ると、小松って小さい街なのに意外と凄いよね。
他にもポツポツいらっしゃるしね。プロ・ミュージシャンが。

でも、みんな地元音楽家の皆さんも頑張ってます。
是非、どんどん、もっともっと小松の音楽シーンを盛り上げていっていただきたいものです。
[PR]
by muslab | 2009-01-04 22:19 | 音楽